一般事業主行動計画

Action plan

一般事業主行動計画|大阪での安心、快適な移動は近鉄タクシーで

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画
(次世代育成支援対策推進法)

General business owner action plansについて

  • 2003年に制定された「次世代育成支援対策推進法」には、「次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ、育成される環境の整備を図るため、次世代育成支援対策について、基本理念を定めるとともに、国による行動計画策定指針並びに地方公共団体及び事業主による行動計画の策定等の次世代育成支援対策を迅速かつ重点的に推進するために必要な措置を講ずる。」とあります。
    当社においても、同法の趣旨を汲み、以下の計画を策定し、取り組んでおります。
    以下に、当社の計画を公表させていただきます。

  • 一般事業主行動計画 [第二期]

    次世代育成支援対策推進法に則り、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


    1. 計画期間
    平成30年 4月 1日から平成33年 3月31日までの3年間


    2. 計画内容
    [目標1] 残業および休日出勤の削減に取組む
    [対 策] 平成30年4月1日~計画期間終了時
    特に育児または介護を行う社員に対し、仕事との両立ができるよう、可能な限り
    残業や休日出勤等を命じないようにするとともに、就業時間の短縮調整等、適宜便宜を図る。
    [目標2] 年次有給休暇の取得促進に取組む
    [対 策] 平成30年4月1日~計画期間終了時
    特に育児または介護を行う社員に対し、休暇を取得しやすい環境を整えるため、社員相互における
    業務内容の相互提携強化(ワークシェアリング等)を行う。

(以上)

一般事業主行動計画
(女性活躍推進法)

General business owner action plansについて

  • 2016年4月1日より、女性の方が様々な職業において遺憾なく十分にその能力を発揮できる職場環境作りを目指して、当社において、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき一般事業主行動計画を策定いたしました。 顧みますれば、タクシータクシー乗務社員という職業は、昔日より男女同一賃金を実践している数少ない職業と言えるのではないのでしょうか。それはさておき、当社に於きましては、既に策定済みの次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画と合わせまして、今後もさらなる良好な職場環境作りを目指して参ります。
    以下に、当社の計画を公表させていただきます。

  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

    計画期間におけるメインテーマ

    来たりくる労働人口の減少に備え、潜在的かつ未就業割合の多い女性労働力を掘り起こせるような魅力あるPR活動の推進。

    次世代育成支援対策推進法に則り、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


    1. 計画期間
    平成28年4月1日より平成33年3月31日(5ヶ年)


    2. 当社の課題
    「タクシー」という職業の持つイメージが、昔から「男性中心のドライバー職」と直結しており、女性求職者にとっては「自分に適した仕事が存在しない」という先入観のある人が多い。このことから、女性求職者に対して男女の給与格差がないことや勤務形態が多様化していることなど、今のタクシー業が持つ良い点を今まで以上に積極的にアピールできる方法を構築すること。

     ・当該運送の申込みがこの運送約款によらないものであるとき。

     ・タクシー乗務員=長時間労働というイメージが世間に定着してしまっていること。

     ・二種運転免許の取得が難関であるというイメージが定着していること。

     ・実際に自動車の運転を自ら行っている女性が、男性に比較して少ないこと。(運転に自信がない)

     ・運転業務に従事する場合に必要となる地理の習熟に不安がある。

     ・技術職(自動車整備部門)にあっても、整備関連の職であるから、
          新卒募集を専門学校等の教育機関で行っても男性中心の応募となる。

     ・当社で女性が比較的就業を希望しやすい職種は、総務事務や電話オペレーターといった非常に限られた部門となる。


    3. 当社の課題
     全社員数に対する女性の構成比率を、現在の3.1%から4%程度にまで引き上げる。


    4. 取組内容
    採用に関する取組

     ・自社HPに女性就業のためのサイトを特設・・・・・・コンテンツ等の内容検討をH28年度中に行う。
     ・マザーズ等、女性向けハローワークへの企業登録・・・・・・H28年度中に行う
     ・女性のための合同企業説明会への積極的参加・・・・・・通期
     ・女性向け募集パンフの作成・・・・・・自社HPの制作と同時進行で行う
     ・順法範囲内での採用基準の見直しと男女を問わない中途採用のPR・・・・・・通期

    長期就業を可能にする取組

     ・女性専用の設備(仮眠・休憩施設等)の充実・・・・・・老朽化している設備がないかなどの実態調査をH28年度中に行う。
     ・乗務社員職における勤務形態(ワークスタイル)の多様性の充実・・・・・・H28年度中に関連法令等の検討を行う。

    長時間労働の是正に関する取組

     ・乗務社員職にあっては、順法範囲内での女性向け勤務形態の多様化の実現・・・・・・通期で実施
     ・電話オペレーター職にあっては、勤務時間の多様化・・・・・・実態の調査をH28年度中に行う

    多様なキャリアコースに関する取組

     ・非正規社員から正社員への転換制度の構築・・・・・・H28年度中に社内実情把握調査の準備

(以上)